2024
.
02
.
19
活動実績

【行動目標WG】「AIガバナンス行動目標」を策定しました

AIガバナンス協会は、2024年2月16日を表決期限とする書面総会において、「AIガバナンス行動目標」を決定しました。

【AIガバナンス行動目標】
決定した行動目標の本文(全体)はこちら

This browser does not support inline PDFs. Please download the PDF to view it: Download PDF

【AIガバナンス行動目標の概要】
国内外のAIガバナンスに関する指針類の議論において、AIガバナンスにおける事業者の自主的な取組を求める流れが主流化しつつあることを受け、AIガバナンスに取り組もうとする企業・団体が集まるAIGAとしても自主的な取組の方向性を明確化することとしました。
AIガバナンス構築に当たって重視する価値として「社会的な価値の実現」「マルチステイクホルダーでの信頼構築」「イノベーションの促進」を掲げています。全体は14項目のステートメントから成り立っており、協会としての基本指針、会員企業の行動目標となるAIガバナンスアクションプランに分かれています。
特にAIGAに特徴的な要素は「AIガバナンスの民主化」「横断的な共通認識の醸成」「国際的な議論への参加」といった項目を通じて、マルチステイクホルダーでの知見共有や共同での議論への貢献に対する姿勢を明確化したところです。
「AIガバナンス行動目標」はAIGA・会員企業の活動における共通の目標として位置付け、政府・市民等を含む社会に対して宣言するものです。協会も、会員もここで示す行動目標の実現に向けて努力していきます。

【関連ページ】
2024年1月24日 AIガバナンス協会 活動実績 【行動目標WG】「AIガバナンス行動目標」の有識者検討会を開催しました

2024年2月7日 AIガバナンス協会 活動実績 【行動目標WG】「AIガバナンス行動目標」の会員検討会を開催しました

行動目標WGメンバー‍
Robust Intelligence, Inc. 佐久間弘明(ヘッド)
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 梅田康吉
デロイト トーマツ リスクアドバイザリー合同会社 山本優樹